KANA-BOON - センチネル Lyrics | TheWaoFam Lyrics


センチネル 歌詞

KANA-BOON

KANA-BOON Torch of Liberty

KANA-BOON センチネル DETAILS

KANA-BOON センチネル 歌詞 Lyrics. センチネル Song Sung By Japanese Artist KANA-BOON On Single Torch of Liberty. KANA-BOON センチネル Is Japanese Pop Song. KANA-BOON センチネル Kanji And Romaji Lyrics.

KANA-BOON センチネル INFO

Song : センチネル
Album : Torch of Liberty - Single
Artist : KANA-BOON
Genre : J-Pop
Language : Japanese
Release Date : 2020.11.25


KANA-BOON センチネル KANJI LYRICS

デイアンドナイト
監視好きの亡霊
声帯のない端子付きの奴隷
迷彩拡声器で表明と共鳴
制裁者の合唱

言動 定規で尊厳を間引く
言語の凶器 その掌の中にある
常軌を逸する常識行儀は狂気の相
健忘症 幻聴幻想現像できない正義の像

名無名無名無名無名無名無名無

正しさまで奪って 何故笑って生きられるのさ
まな板の上 捌いた身を眺め
やましさまで腐って 何故明後日に期待出来るんだ
夢だってあって上等なモンスター

謙虚な姿は臆病の証
元凶は正気失った魔女狩り
マジョリティーにギルティーは下らない判定
限度をとうに超えてもまだプレリュード
朝目が覚め悪態を文字に
重ね重ね悪魔に菓子折
刺され刺され 矢射るかのように
言葉って声を超えてしまうものだね

正しさまで歪んで 何故黙ったまま目を伏せるんだ
まな板の上 流れた血を眺め
優しさまで切り裂いて 何故笑って眠りにつくんだ
捨て去って燃やして 灰になれジョーカー

正しさまで奪って 何故笑って生きられるのさ
まな板の上 捌いた身を眺め
やましさまで腐って 何故明後日に期待出来るんだ
誰だって身勝手 上等なモンスター


KANA-BOON センチネル ROMAJI LYRICS

dei ando naito
kanshi suki no bōrei
seitai no nai tanshi-tsuki no dorei
meisai kakusei-ki de hyōmei to kyōmei
seisai-sha no gasshō

gendō jōgi de songen o mabiku
gengo no kyōki sono tenohira no naka ni aru
jōki o issuru jōshiki gyōgi wa kyōki no sō
kenbō-shō genchō gensō genzō dekinai seigi no zō

mei mumei mumei mumei mumei mumei mumei mu

tadashi-sa made ubatte naze waratte ikirareru no sa
manaita no ue sabaita mi o nagame
yamashi-sa made kusatte naze myōgonichi ni kitai dekiru n da
yume da tte atte jōtō na monsutā

kenkyo na sugata wa okubyō no akashi
genkyō wa shōki ushinatta majo kari
majoritī ni girutī wa kudaranai hantei
gendo o tō ni koete mo mada pureryūdo
asa-me ga same akutai o moji ni
kasanegasane akuma ni kashi ori
sasaresasare ya iru ka no yō ni
kotoba tte koe o koete shimau mono da ne

tadashi-sa made yugande naze damatta mama me o fuseru n da
manaita no ue nagareta chi o nagame
yasashi-sa made kirisaite naze waratte nemuri ni tsuku n da
sutesatte moyashite hai ni nare jōkā

tadashi-sa made ubatte naze waratte ikirareru no sa
manaita no ue sabaita mi o nagame
yamashi-sa made kusatte naze myōgonichi ni kitai dekiru n da
dare da tte migatte jōtō na monsutā